相模原みのり塾とは?

相模原みのり塾とは、経済的な理由で塾に通えない子どもたちのために、無料で学習支援を行う塾です。

 

「もっと勉強ができるようになりたい。でも、塾に通う費用は出せないし、どうしたらいいだろう・・・」

 

そんなふうに悩んでいる中学生のみなさん、お金がなくても勉強できます!みのり塾の先生たちと一緒に勉強しませんか?

 

■対象:中学1-3年生

■講師:社会人/大学生ボランティア講師

■日時:毎週日曜日 午後1:30-5:30 (4コマで各50分授業)

■場所:橋本公民館(橋本駅から徒歩1分・シティプラザ橋本 イオン橋本店6F)

■費用:入会金、会費とも 無料(交通費はご負担ください)

 

教材の指定などはありません。学校でお使いの教科書・ワーク・問題集を持参ください。

個々の生徒さんに合わせて、個別指導の形で一緒に勉強します。

これまでの学年の内容が分からない場合は、さかのぼっての学習にも対応いたします。

 

 

新着情報

2018年5月 15

 

黄色いレシートキャンペーンのギフトカードをいただきました!

 

4月11日に2017年下期の黄色いレシートキャンペーンのギフトカード贈呈式があり、みのり塾もギフトカードをいただくことができました!黄色いレシートをBOXに入れてくださったみなさま、共通のBOXに入れてくださった方の分も全団体で按分させていただいてます。ありがとうございました!!

塾で使用する文房具や2019年度用の過去問題集、今年度の高校案内などの書籍を購入させていただきます。

 

2018年5月 3

相模原みのり塾は、5/1で2周年を迎えました

   

 

5月1日は相模原みのり塾の創立記念日です。この1日で丸2年、3年目に入りました。

いつも塾を支えてくださっているボランティア講師のみなさま、そして、他の無料塾をやっている団体の方々、寄付をくださったみなさま、本当にありがとうございます。

現在、在籍している生徒さんは35名。実際に毎週の授業に顔を出してくださるボランティア講師の方も40名近くになりました。

まだまだ組織としては、未熟な面も多く課題もありますが、今目の前で困っている生徒さんと一緒に進んでいくことが、まずは私たちがやっていく最優先のことだと考え、毎週の授業を大切にしながら運営しております。

今後とも暖かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

2018年3月 27

3/25(日)に 相模原みのり塾 第2回卒業の会を開きました

   

今年度最後の日曜日に、3月でみのり塾を卒業する生徒さんを送り出す卒業の会をサン・エールさがみはらで開催しました。

今年は、卒業生、在塾生、講師で総勢28名が集まり、前半は卒業セレモニー、後半はみんなでゲームをやって楽しみました。

 

セレモニーでは、卒業記念品と色紙をそれぞれに渡して、ひとことずつ塾で過ごしたことや後輩へのメッセージを、また講師からもエールの言葉をいただきました。

塾ができたばかりの頃に入塾してきた生徒さんもいて、その子も卒業なのかあとじーんときてしまいました。

 

後半のゲームでは、①新聞紙タワーゲームと②都道府県ビンゴをやりました。あくまでもお勉強にからめたゲームをする、というのが塾らしいですよね!

 

①新聞紙タワーゲームは、チームに分かれて6枚の新聞紙、セロテープ、はさみだけを使って、できるだけ高い自立タワーを作りその高さを競うゲームです。10分間の作戦タイムの後20分間の製作タイムで作り上げます。卒業生がリーダーとなり、どんな形でどんなふうにしたら自立しかつ高く作れるのか知恵を出し合います。

参加人数でわって3チームでやりました。もともと会社とかでやるチームビルディングのゲームですが、中学生でも充分にできました。みんなとっても真剣!!リーダーなんてやったことない3年生も下級生の中ではやらないとしょうがないし、コミュニケーションも少しずつスムーズになっていって、わいわいどうするこうすると楽しそうでした。

講師もチームを結成し、さすがの「知の集結」を見せつけてくださいました(笑)。

 

結果は・・・・
残念ながら、3チームとも自立できるタワーができませんでした。でもね、その取り組みがとても大切なんです。効果は抜群でしたよ。そしてさすがの講師チーム!みごとに自立タワーが完成(最後の写真です)!


このゲームでの教訓は、

やはり「基礎」「土台」が大切だね!勉強も同じですね!ということ。

 

いくら高くなるものを作っても、土台がしっかりしていないと、うまく自立できず倒れちゃう。勉強も、しっかり土台を作っておけば受験に使う応用問題もどんどん積んでいけるよ、みんながんばろう!ということになりました。

 

この後は、全員が景品をもらえる②「都道府県ビンゴ」でこれまたかなり盛り上がりました。景品はお勉強で使える文房具!塾ですからねー。

 

そして何より嬉しかったのは、その後の片付けと机椅子の移動を全員でやってくれたことです。みんなどうもありがとう!!

 

この卒業の会をもちまして、2017年度の相模原みのり塾の授業と行事が全て終了しました。

いろんなところでご協力いただいたみなさま、支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました。小さい団体ですが、ボランティアはじめ活動しているメンバーの想いは熱く大きいです。

来年度も引き続き、よろしくお願いいたします。

 

2018年3月 22

3/21(水・祝)にみのり塾主催の無料講演会「宇宙にいくにはどうするの?宇宙とは」を開催しました!

   

3月だというのに、雪&寒さでびっくりのお天気になってしまい、若干出足が悪かったようですが、それでも30名近くの方が講演会を聞きに来てくださいました。小学生、中学生、高校生、大学生、大人の方も若い方からシニアまで、本当に幅広い年代の方が聞きに来てくださり、林先生のお話も、おもしろいところ、専門的なところが織り交ぜられていて、衛星の軌道実験では、実験装置を囲んでの実体験もできて、盛りだくさんでとっても楽しい時間を過ごすことができました!

文章で書くよりも講演の様子を写真で。どうぞ!

 

また、この日に募った募金にみなさんの気持ちをいただきました。小学生のお子さんも、お小遣いから出してくれて感無量です。来年度の高校過去問題集は自腹かと思っていましたが、これで購入することができそうです!募金してくださったみなさま、どうもありがとうございました!!

 

また、ぜひこういう会をやりたいと思います。今回参加できなかった方も次回はぜひ来てください!!

2018年3月 7

 3/4(日)に橋本公民館まつりに参加してきました!

   

いつもお世話になっている橋本公民館の公民館まつりで、みのり塾は子ども向け体験イベント「プラ板作り・おもしろ理科実験・入浴剤制作」をやりました。参加できる講師と、塾生も5名がお手伝いにきてくれて、わいわいと楽しくやることができました。

 

体験イベント自体は、もう大盛況!!お客さんは途切れることがなく、どんどんとちびっこ達が来てくれました。楽しく体験してくれたかな??

 

 

たいへんだったけど、とても楽しかったです! また、来年もやりたいと思います。

お楽しみに(^^)。

 

2018年2月 23

 

3/21(水・祝)にみのり塾主催の無料講演会「宇宙にいくにはどうするの?宇宙とは」を開催します!

 

3月に初めての試みで、みのり塾主催の無料講演会をやることになりました。

内容:「宇宙にいくにはどうするの?」宇宙とは?


実験 を通して学べる講演会
JAXAにいらした林先生が、ロケットの打ち上げから
衛星が地球の周りを回るしくみなどを実験装置を使って教えてくれます!

講師:工学博士、東京大学名誉教授、宇宙科学研究所名誉教授 林友直先生
日時:2018年3月21日(水・祝) 13:30開場、14:00スタート 16:00終了予定
場所:サン・エールさがみはら2F 第一研修室(橋本駅から徒歩13分)
入場料:入場無料です!
対象:小学生高学年から大人まで(小さいお子さん連れOK)
参加申込:minori.event22@gmail.com  までメールください
ただし、おおよその人数を把握したいためなので、当日参加でもOKです。

こういう宇宙や理科のお話を聞くことも、知らない世界を知る貴重な機会だと思います。ぜひ楽しんでいってください。

 

2018年2月 23

 イオン橋本店の「黄色いレシートキャンペーン」に参加しています

   

昨年11月からイオン橋本店の「黄色いレシートキャンペーン」に参加しています。

毎月11日のお買い物のレシートが黄色で出るのですが、それを応援したい団体のボックスに入れると、購入金額の1%が寄付される、というものです。

この前見に行ったら、嬉しいですねえ、ちゃんとレシートが入っていました!ぜひ応援よろしくお願いします!

 

2018年2月 14

 

3/4(日)に橋本公民館まつりに参加します!!

 

会場としていつもお世話になっている橋本公民館の公民館まつりに今年も参加します。

 

昨年は展示の部でみのり塾の紹介を掲示しましたが、あんまり楽しくなかった(?)ので、今年は子ども向けのイベントをやります!!

 

3/4(日)10:00-15:30 橋本公民館ミーティング室にて

  ①プラ板作り

  ②おもしろ理科実験

  ③入浴剤制作

の3コーナーで、みなさまをお待ちしています。

 

小学生でなくても、中学生でも大人でも十分に楽しめますよ。ぜひ体験に来てください。制作した作品はもちろんもらえます!!いろんな体験やものづくりを通して、科学の世界の楽しさを知ってほしいと思います。

 

2018年2月 12

 

「相模原市公民館のつどい」で活動報告をしてきました!

 

2/3(土)に産業会館で行われた「相模原市公民館のつどい」で相模原みのり塾の活動報告をしてきました。

みのり塾は、毎週橋本公民館の会議室をお借りして活動しています。どのように公民館という場所を活用しているか、主催側のメリット、生徒さん側のメリット、そして公民館という場所が、もっといろんな年代の方に開かれた場所であってほしいという思いも込めてお話させていただきました。

 

このつどいでは、最初に創価大学の碓井准教授の基調講演があり、そこで活動されている学生さんの発表もありました。八王子子ども食堂の活動や自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」についてもお話してくれました。全国的な不登校生の増加によって、夜間中学(というよりいわゆる小学校・中学校に通えていない子どもたちをサポートする学習機関)の設置が急務になっているというお話もあり、大変興味深いものでした。

 

最近、このような会に呼んでいただくと、そこでの新しい出会いがまた次の活動につながっていくことを実感しています。まだまだ知らないことがいっぱいで、もっといろんなことを知っていきたいと思いました。

 

2018年2月 12

 

八王子食堂ネットワーク活動報告会に参加してきました!

   

1/27(土)に八王子にて開催された八王子食堂ネットワーク活動報告会に参加してきました。

八王子食堂ネットワークから全体の活動報告(写真右)、そのあと社会活動家の湯浅誠さんの講演「子ども食堂・地域食堂が地域に果たす役割とこれからの可能性」があり、最後に各方面から4団体の活動報告がありました。

私の尊敬する湯浅さんの講演を聴ける!ということで、大変興味を持って参加させていただいたのですが、期待以上の内容で、また各団体の活動報告もとても具体的で大変良い時間を過ごさせていただきました。

 

 

全体として子ども食堂・地域食堂のことが中心でしたが、私が一番感じたのは、湯浅さんのお話も食堂の報告もみんなが楽しんでやっているということでした。もちろん、実際に運営していくには、いろんな葛藤があり対立やうまくいかないこと、わかってもらえないことなどがあるのですが、それらもひっくるめて、でも進まないより進んでいこう、という前向きな想いに包まれていることでした。

 

私の嫌いな言葉のひとつに「~してあげる」というのがあります。この言葉の中には、上から下に手を差し伸べている気持ちが入っているように思います。私たちボランティア活動をしているメンバーは、決して「上から」手を差し伸べているのではありません。いえいえ、「勝手に」「おせっかい」で横に立ったり背中をポンポン叩いたりしているだけです。相手にとってはありがた迷惑かもしれません。逆に背中を押してもらったりしているくらいなので。

 

団体報告でこどもとの関わりを話してくれた学生さん、食堂を毎週開くのにどんな準備をどれだけやっていて、どんな後片付けをやっているのかを紹介してくれた子ども食堂の報告、どれも「~してあげてます」なんてみじんもなかった。私の気持ちや信念を後押ししてくれた大変良い時間でした。

 

そして、この報告会で私が一番学べたことは、子ども食堂など12の団体が参加して1つのネットワークを作ることで、食材の融通など主催者側にさまざまなメリットがあると同時に、受益者側にも便利でアクセスしやすいしくみができていることのメリットの大きさでした。

イメージとして、それは効果あるだろうなとは思ってしましたが、相乗効果となってまわっている実際の例を見せてもらうことができ、大変貴重な情報をいただいたと思っています。

 

HPにアクセスしてみてください。食堂を探すとき、他の食堂と情報交換したいときに大変便利です。

https://www.hachioji-kitchens.foodbank8.tokyo/

 

相模原もこういうしくみがあると良いです。なんとかしていきたいです。

 

 

2018年1月 27

「タウンニュース版・みんないいひと緑区だより」にみのり塾が掲載されました!

   

相模原社会福祉協議会の広報紙 『社協さがみはらみんないいひと「緑区だより」タウンニュース版』1月18日号に、子ども健やか育成基金の助成を受けて活動している団体として、相模原みのり塾が紹介されました。

 

 

みのり塾では、主に夏期自習室&講習・冬期自習室&講習、そしてテスト前自習室の会場代(有料会議室を使用しています)として基金を使わせていただいています。

 

子ども健やか育成基金は、みのり塾のような経済的に厳しい環境におかれている子どもたちへの支援だけではなく、相模原市に住んでいる全ての子どもたちに寄与できる助成金です。

 

下記のURLから読めますので、ぜひご覧になってください。

http://www.sagamiharashishakyo.or.jp/koho-mm/documents/30.1.18green.pdf

 

 

2018年1月 27

ご寄付の報告

   

 

2017年4月からこれまでににいただいたご寄付について、報告させていただきます。

 

寄付金は、高槻つばめ学習会代表の茶山さま、相模原市在住の野村さま、また匿名でのご寄付が4件ございました。ありがとうございます(^^)/。

 

本当に助かります。子どもたちへのメッセージも書いていただいていますので、月1回生徒向けに発行している「みのり通信」に掲載予定です。

 

また、問題集や参考書、文房具、お菓子なども寄付をいただいています。本当にありがとうございます。開催時間にふらりと寄られて、どうぞ、と置いていかれる方もいらっしゃいます。わざわざ足を運ばれて持って来てくださる想いがありがたいです。

 

~~~~~~~~

 

現在、みのり塾では、資金的に余裕があるわけではありませんが、どちらかといえば、マンパワーが不足しています。ボランティア講師に加えて、運営スタッフ、IT関連に詳しい方を求めています。

生徒さんがどんどん増えています。できれば教室を増やしたい、平日も塾を開催したい、バスで通わなくてもいいように津久井地区に無料塾を新設したい、さまざまな要望が出ていますが、マンパワーが足りていなくどれも実現できていません。

ボランティア講師ではなく、スタッフとして一緒に活動をやってくださる方も大歓迎ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

 

2017年12月 21

無料塾シンポジウム第一回関東大会に参加してきました!

   

12/16(土)に渋谷にて開催された無料塾シンポジウム第一回関東大会に参加してきました。

八王子つばめ塾さまが主催され、参加団体はなんと12団体!関東でも無料塾が広まっているのを実感しました。

 

参加団体は次のとおり(順不同)。

 

八王子つばめ塾、中野よもぎ塾、慈有塾、相模原みのり塾、ひばり学校、甲州無料塾ココロ、湘南さくら塾、ひばりが丘あゆむ塾、夕暮れ学級さつき、阪神つばめ学習会の10団体と、これから始める日野すみれ塾、TERACOの2団体の合計12団体。

 

それぞれ、対象の学年が違ったり自習タイプから1対1のマンツーマンタイプなど形もさまざまでしたが、ボランティア講師や生徒をどのように募集しているのか、集めるコツは?など、お互いの悩みやこうやってるよ、などの情報交換が出来て、なかなか充実した会となりました。

 

なかでも、夕暮れ学級さつきさまの代表はなんと高校生!ボランティア講師も全員高校生だそうでその行動力に脱帽です。嬉しいですね。

 

 

 

みのり塾の目指すところは、相模原市に同じような小さな無料塾ができること。たくさんの無料学習支援団体が自分たちの地域の子どもたちを支え、ひとりひとりに合った学習支援をしていくスタイルを目指したいと考えています。

 

そのためには、無料学習支援をやる団体の運営者が増えていくことが必要です。今回のような会合でノウハウを共有することができるようになりましたし、今仲間がどんどん増えています。

 

みのり塾でも、新しく無料塾をやってみたい方を全面バックアップしていきますので、ご興味のある方、やってみたい方はぜひご連絡くださいませ。

 

2017年12月 8

お米60kgと受験用問題集を寄付いただきました!

   

前回につづき、新米を60kg分NPO法人Wishさまからいただきました。

いつもありがとうございます!!今回も1kgずつの小分けにして、生徒たちに配布させてもらいました。写真はほんの一部です。

 

また個人の方から、受験用の問題集:5科目分を寄付いただきました。こちらも大変ありがたいです。入試対策を本格的にやっていかなくてはいけない時期に入ってきましたので、どんどん使わせてもらいたいと思います。

 

中3生のみんな、頑張ろうね!!

 

 

2017年11月 18

みのり塾の授業コマを増やしました!

 

このところ生徒さんがどんどん増えてきて、もう会場がいっぱいの状態でしたので、なんとかできないかと考えまして、今までの時間のあとにもう1コマ授業を増やすことになりました。第2会場や別の日時の開催が出来ればよいのですが、なかなか運営の負担が大きく現在増やせていません。

 

ちょっと苦肉の策ではありますが、少しでも入塾したい生徒さんが勉強できるようにしていきたいと思っています。11/12からスタートしています。

 

2017年11月 18

 

相模原市子ども若者支援課さまが、中学校の教科書を75冊用意して貸し出ししてくださいました!

 

先日の「子どもの学習支援団体情報交換会」で

、講師が使用する中学校の教科書が塾にあると指導がとてもしやすいのだが、購入するには資金がかかるため、中古品で良いので何とか調達できませんか?とお願いしたところ、中古品ではなく新品を「主要5教科x3学年x5冊=75冊分」相模原市子ども若者支援課さまが購入して、それをみのり塾に貸し出ししてくださることになりました。

 

写真はその一部ですが、これはありがたいです!いつも同じ生徒さんを見るわけではないことも多いので、そのときに担当する学年の教科書があるととても便利!今どこを学習しているのか、これからどこを習うのか、そして国語や英語では、生徒と講師、それぞれが自分の教科書を見ながら音読出来ます。

 

早速11月から塾の授業時間に使用できるようにしました。すでに、講師の中には持って帰って学習してきてから授業に臨む方もいらっしゃり、活用させていただいています。

 

直接お金を渡す支援ではないけれど、講師の知識や生徒の学習内容を膨らませる支援で大きな効果が期待できます。ありがとうございます。

 

教科書だけでなく参考書や問題集もあるとありがたいです。書き込みされていないものであれば、もちろん中古品でかまいません。もう高校生になったから中学で使っていたものはいらないね、というものでかまいません。右側に掲載してある定例授業の時間内に活動場所に持って来てくださると助かります。どうぞ問題集の寄付もよろしくお願いいたします。

 

2017年11月 18

 

NPO法人Wishさまよりお米30kgとおやつをいただきました!

   

相模原市内でフードバンク活動をされているNPO法人Wishさまよりお米30kgとおやつパックを30人分いただきました。

 

どうもありがとうございます!

 

お米は1kgずつに小分けして(一部すでにしてくださっていました)、おやつパックと一緒に生徒さんたちに持って帰ってもらいました。

 

学習するには、何ていったってエネルギーが必要!効率良くエネルギーを作り出してくれる「糖質」つまりお米のような炭水化物は、子どもたちには大変重要な栄養素です。お米は主食ですし日持ちもする。大変ありがたい差し入れです。

 

2017年10月 18

「第4回無料塾シンポジウムin名古屋」に参加してきました

   

10/15(日)に、名古屋で開催された「第4回無料塾シンポジウム」に参加してきました。

このシンポジウムは、日本でやっている無料あるいは低料金での学習支援団体が集まり、それぞれの活動紹介と各々が抱えている課題の共有やアドバイス・工夫についての情報共有をすることが目的です。

4回目となった今回は、日本全国(関東・中部・関西)から計12団体、総勢31名の方が参加され、関西のTVで紹介された無料塾への取り組みのVTRを見たあと、それぞれの団体の活動紹介と課題や情報の共有をしました。

参加団体の代表の方のほとんどが若い方(大学生も多い)で、一生懸命活動している様子の紹介を聞きながらとても頼もしい気持ちになりました。こんな素敵な若者たちが日本全国にいるのですね。すばらしい。

そして、各団体の話を聞いていくと、やはり地域ごとの悩みや問題は違っていて、その地域で解決していくからこそ意味があるんだなと思うことが多かったです。相模原は相模原の実情にあった解決策で対応していかないと、他のところでやっていたからそのまま使える(ヒントにはなるけど)わけではないなあ、と感じました。それでも、さまざまな工夫やヒントがあり、またこれからの活動に活かしていきたいと思います。

このシンポジウムを主催くださった八王子つばめ塾、そして準備をしてくださった方々、どうもありがとうございました。

 

2017年10月 13

 

「相模原市小中学校事務職員研修」でみのり塾の活動について発表してきました

   

10/6(金)に、産業会館で開催された「相模原市小中学校事務職員研修」にて、みのり塾の活動紹介をしてきました。

 

最初に、無料学習塾って知っていますか?という質問をさせてもらったのですが、何と知っていますに挙手してくださったのは、120名中たったの1名。意外と知られていないのですね。

 

こんなことをやっている団体があるので、困っている生徒がいたら声をかけてくださいね、というメッセージとともに活動の内容などをお話させていただきました。

 

本筋とは関係ありませんが、私が講演をやるとなぜかお天気が悪いです(汗)。

 

2017年 9月 26

 

市内の高校3年生の生徒さんが取材に来てくれました!

 

9月24日(日)のいつもの授業に、市内の高校3年生が、大学入学試験に必要なレポートの取材として、みのり塾に来てくれました!

「子どもの貧困」をテーマに、子どもの貧困と向き合う活動を実際に見て話をきいて、レポートにしたいそうです。これから社会に出ていく若者が、子どもをとりまく環境・生活に興味を持ち、社会問題として考えてくださる姿勢に大変嬉しく思います。

 

塾の開催している3時間、ほぼずっとお話を聞いてくれて、こちらも今後の活動にいろんなヒントをいただきました!!どうもありがとうございました。

 

 

2017年 8月 26

 

「相模原市教育研究発表会・分科会Ⅱ」でみのり塾の活動について発表してきました

   

8/22(火)に、市民会館の近くにある産業会館で開催された「相模原市教育研究発表会・分科会Ⅱ 第10分科会」にて、市内での無料塾の取り組みとして、みのり塾の活動について発表してきました。

 

実は、てっきり市民向けの会だと思っていた私。実際には、多くの市内の現役の教諭の方々が参加されていて、ベテランの方たちを前に話すのは大変緊張しました。けっこうトチリましたね。ご愛嬌ということで(笑)。また、今回はいつも社会を生徒に教えてくれているボランティア講師の伊藤先生と一緒に発表させてもらいました。

 

早口になってしまったりして、ややわかりづらいところもあったかと思いますが、

 

(1)こういう塾があることを知っていただくこと

(2)必要な子どもへ周知していただきたいこと

(3)家庭環境に依らず子どもたちにチャンスを用意すること

(4)そのためには大人が動かなくてはいけないこと

   * 少子高齢化でまわりには大人がいっぱい!! *

そして

(5)こういう活動は実は楽しい

(6)未来のためにぜひやっていきましょう!

 

ということが共有できたなら、大変嬉しく思います。

 

 

2017年 8月 8

社会人との交流イベント

将来のイメージふくらまそう!~世の中の職業 ホントの話~」を開催!!

 

8月5日(土)にサン・エールさがみはらで、6名もの社会人の方を招いて、それぞれの方が就いている職業の紹介をしてくださいました!

 

このイベントは、机上の教科学習だけでなく、中学生に、社会のことをもっと知ってほしいという想いから、実際に世の中で働いている方に来てもらって、その職業や実際の体験などを紹介していただき、そこで参加生徒との質疑応答もすることで、よりいろんな職業や世の中のしくみを知ってほしいために行いました。

 

大学准教授、フリーライター、スクールソーシャルワーカー、エンジニア、企業秘書、環境コンサルタント と実にさまざまな職業の話を一同にきけて、かつ気になることをその場で質問、「ホントの」ぶっちゃけトークで答えてくださいました。

 

初めての試みで、やや中学生(塾生)の参加が少なかったのですが、まだ社会に出ていない大学生にも大好評で、もちろんすでに社会に出ている社会人が聞いても、まだまだ知らなかったことばかり。いろんな世界を知る大変良い機会となりました。

この日は、八王子市にある「八王子つばめ塾」と東京都中野区にある「中野よもぎ塾」の無料塾2団体も参加してくださり、無料塾の合同イベントのようでした。

 

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

また、ぜひやりましょう!

 

2017年 8月 2

 

「ブルーベリー摘み」体験イベントに参加してきました!

   

7/29(土)の午前中、串川地区にあるブルーベリー農園で、主催団体の方たちといっしょに「ブルーベリー摘み」イベントに参加してきました。お昼は、近くの古民家で、持ってきたおにぎりを食べてみんなでお昼ご飯!楽しい時間が過ごせました。

 

こういう自然の中に行くことでいろんなものを見ること&体験することも、学習のひとつだと思います。

また、どこかに行きましょう!